tremolo Organicの今までと、これから…

 私がママになって気づいたこと。それは、何気ない日常の風景にこそ、きらきらとした驚きや感動があるということ。

 毎日手に触れるもの、目に映るものに心動かされ、いつしかそれが食べ物と同じように、自分の一部になっていくということ。

 

 

 私が選んだものは、そのまま赤ちゃんの一部になっていく。

だからこそ、上質で使い心地の良いものを、丁寧に使っていけたらいいな。そうしたら、私も毎日が楽しくて、赤ちゃんもきっと嬉しいだろうな。と思いました。

  

 

そこで、赤ちゃんとその周りのみんなの笑顔に、彩りを添えられるような、上質で使い心地の良い製品をご提案していきたい。

と「ふだん使いも、上質に。」をコンセプトに、tremolo Organic を立ち上げることになりました。

 

 最初のアイテムにオーガニックビブ(よだれかけ)を選んだのは、長女のアルバムに、楽しそうな笑顔で離乳食を頬張る写真がたくさんあったからです。そこには、たくさんの「はじめて」「おどろき」「感動」が詰まっていました。

 当時、私自身がオーガニック製品が大好きであるのに、そのデザイン性には必ずしも満足している訳ではありませんでした。そこで、オーガニックでありながら、デザイン性が高い物を提供出来たら…と、試行錯誤を重ねて出来たのが、こちらの襟付きオーガニックビブ(よだれかけ)です。「お肌に触れる部分は、全てオーガニック」であることと、豊富なデザインが特徴です。ビブの構造は、Introductionで詳しくご紹介したいと思います。

 

 

オーガニック。心惹かれる響きです。

高級感があるから?身体に良い気がするから?地球に優しいから?

tremolo  Organic の考えるオーガニックについては、こちらで少しお話したいと思います。

 

  

 

2012年にスタ―トして、今もこうして続けていられるのは、たくさんのお客様に支えられてきたからです。これからも、たくさんのお客様に感謝の気持ちを込めて、品質・サービスの向上に努めて参ります。そして、tremolo Organic を皆様とご一緒に育てていけたら幸いです。 2015.11.6 ニシザワカオリ